いちごについて

Oz Berry Farmの栽培するいちご

Oz Berry Farmでは、とちおとめとやよいひめのいちごの品種を栽培しています。
それぞれのいちごの特徴をご紹介します。

とちおとめ

「とよのか」と「女峰」を交配し、さらに「栃の峰」を交配したいちごです。
女峰より粒が大きく甘さも強く、日持ちが良い品種で、
果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで
比較的整った円錘形をしています。
果肉色は淡紅、果心の色は紅赤、果実の光沢は良く、
果実の溝はかなり少ないです。
甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって
美味しいイチゴです。甘く強い香りが立っています。

やよいひめ

「とねほっぺ」と「とちおとめ」の交配種に
更に「とねほっぺ」を交配し育成されて生まれた品種です。
果実が大果でかつ果肉がしっかりして日持ちが良いです。
食味は酸味まろやかで、糖度は高くジューシーです。

※今シーズンは、やよいひめの栽培を行っておりません。

おいしいいちごの食べ方

ヘタをつけたまま保存

いちごはデリケート、ヘタを取ると果肉の水分バランスが崩れます。
ヘタを取らずに水洗いせずそのまま保存して、食べるときに水洗いをして食べましょう!
ヘタも食べられますが、ヘタを取るときは、専用のイチゴのヘタ取りが100円ショップで売られてます。

いちごの先が甘い

いちごは先の方が甘く、ヘタの方が酸味が強いです。どの果物でも重力に従って下の方が美味しいです。

常温になるまで待って

冷蔵庫に保管したいちごは、冷えているため甘みが抑えられます。常温になるまで、ちょっと待って食べるとより美味しく甘いいちごになります。

いちごの保存方法

いちごはデリケートな食べ物です。
乾燥にも水分にも弱いし、もちろん衝撃で果肉が傷つきやすいです。
最適保存温度が5度C前後で、温度変化にも弱いです。
環境によっては、冬場でも3日しかもたないこともあります。

一番は直ぐ食べること、
どうしても保存が必要な場合は、

いちごの保存方法
ヘタを取らずに水洗いせず
①いちごをパックから外し、接触面を減らしましょう!
②お皿などにキッチンペーパーを敷き、
ヘタを下に重ならないように並べましょう!
※いちごは先端に甘みがあります。
ヘタを上にすることで、全体のうまみがいきわたります。
③ぴったりラップして冷蔵庫(野菜庫)に保管しましょう!

いちごの栄養分

いちご食品成分表(可食部100g当り)

エネルギー 34kcal
ビタミンC 62mg
ビタミンC 62mg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンC 62mg
ビタミンB2 0.02mg
βカロチン 17mg
たん白質 0.9g
炭水化物 8.5g
カルシウム 17.0mg
鉄分 0.3mg
コレステロール 0mg

日本食品標準成分表2015年より

いちごだって一粒一粒個性があります

いちご
27655004_1971011883150034_8197312138657145018_n
甘いいちご
いちご
27332499_1971011923150030_715496598069991740_n
Top